働きながら取れる!新社会人におすすめの資格5選【初学者向け】

社会人になったばかりのかたにとって、仕事の進め方だけでなく、社会人としてのビジネスマナーや一般常識も、まだよく分からないものですよね。

それにも関わらず、先輩方から教えてもらえるのは、仕事のノウハウばかりで、社会人のルールやマナーを教えてもらう機会はほとんどありません。

そこで、この記事では、経営者に聞いた、新入社員に習得していてほしい、ビジネスマナーや一般常識、ITの基礎能力を習得できる資格を厳選して紹介します。

こんなかたにオススメ
  • 新社会人のかた
  • 働きながら資格を取りたいかた
  • 仕事に役立つ、取りやすい資格を知りたいかた

新社会人におすすめ資格5選

おすすめ資格1 秘書検定 

社会人になったらまずはコレ!
好感度が上がる&知って得するビジネスマナーが盛りだくさん!

秘書検定 DATA

公的資格
試験日程:年3回(2月、6月、11月)
出題形式:2~3級はマークシートのみ。
受験料:2級 4,100円 、3級 2,800円
難易度:★
勉強時間の目安:1日1時間×3ヵ月程度(3級)


3級からレベルアップすれば2級も無理なく合格できます。 2級と3級を同時に受験するかたも多いです。

公式HP 検定の名称に「秘書」とありますが、大企業の社長秘書をする人のための試験ではありません。試験内容は、ビジネスマナーと社会常識です。

公式サイトで「秘書検定は『人柄育成」を目指しています」と明記されているとおり、秘書検定の学習過程で、ビジネスマナーだけでなく、人柄、つまり、普段の表情や態度、話し方などの印象を良くする方法を身に付けられます。
試験勉強を通して、誰も教えてくれないような、さりげない気遣いや、さわやかな応対力を身に付ければ、社会人生活の質をグッと上げることができます。

社会人になったばかりの方や、社会人生活に行き詰まりを感じている方へ、現状打開の策として学ぶことが特におすすめです。

おすすめ資格2 マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

すぐに業務で使える小技が満載!
きちんとしたパソコンスキルを身に付けて、先輩・上司から一目置かれる存在に。
まずはExcelから。

MOS試験 DATA

民間資格(国際資格)
試験日程:毎月1~2回 出題形式 2~3級はマークシートのみ。
受験料:Excel 2016スペシャリスト 10,780円
 Word、PowerPoint、Access、Outlookの各科目10,780円
難易度:★
勉強時間の目安:1日1時間×3ヵ月程度

MOS試験は、Microsoft Officeの各ソフトのスキルを身に付ける検定です。
MOS試験を勉強する過程で、日ごろ何気なく使っているWordやExcelの使用方法を理解し、業務効率を上げることができます。
実際に、Excelを使いこなしている人は、勉強していない人に比べると、関数やマクロを駆使してより高度な情報処理をしています。同じソフトを使って、ここまで作業量に差が出るのです。

MOS試験は、ExcelやWordなど各ソフトごとに受験します。
勉強するなら、使用場面が多く、応用力も高いExcelが特におすすめです。
また、数字を使う仕事をしている方は、データベースソフトのPowerPointもおすすめです。

officeの各ソフトは、使いこなせば他の人に差がつけられるため、勉強する価値があります。

おすすめ資格3 FP技能士

やさしい難易度で、名刺に記載できる資格をGET
給料明細の読み方がわかる&ライフプランが設計できる
社会人の常識として価値ある資格!

FP技能士 DATA

国家資格
試験日程:年3回(1月、5月、9月)
出題形式:学科・実技試験
受験料:2級 8,700円、 3級 6,000円
難易度:★
勉強時間の目安:1日1時間×3ヵ月程度 (2級)
3級試験は、1か月程度の勉強で合格するかたもいます。

試験内容は簡単ですが、名刺に記載できる資格です(名刺に書くなら2級以上が無難)。

給与から引かれる社会保険や、生命保険等の知識を学べるため、自分自身のライフプランや、給与について検討することができます。
実は、新社会人には、保険の勧誘も多いのですが、FP技能士の知識のおかげで、意味のない保険に入ってしまうことを防げます。

なお、ここで紹介している「FP技能士」は国家資格ですが、「AFP」、「CFP」という民間資格もあります。難易度に多少の差がありますが、まずFP技能士を取得することがおすすです。

おすすめ資格4 日商簿記

社会人全体の必修資格!
わかっていると差がつく会計資格
利益の仕組みがわかれば、お金の話を絡めたセールストークが可能です。

日商簿記 DATA

公的資格
試験日程:年3回(2月、6月、11月)
出題形式:実技・筆記試験
受験料:3級 2,850円
難易度:★★
勉強時間の目安:1日1時間×3ヵ月程度
知識ゼロで勉強を始めると、用語や仕組みの理解に苦戦しますが、理解すれば合格しやすい試験です。

わかっていると差がつけられる資格です! たとえば営業マンなら、各商品の利益を把握しておけば、セット値引きの可否などを判断でき、ベストのタイミングで効果的なセールスをすることが可能となります。
どんな人でも、上司や役員、取引先に利益の計算を説明できると強いのです。

なお、営業マンなら3級の勉強だけでOKですが、経理担当や財務部門に所属するなら2級資格まで取得すると良いでしょう。

初学者は、職場の経理担当者など、身近な人に聞ける環境ならぜひ、周りの助けを借りてください。基礎知識を理解すれば、あとは過去問に慣れるだけでOKです。

おすすめ資格5 普通自動車運転免許

行動範囲が広がる社会人必携資格
身分証明書としても使えます

普通自動車運転免許 DATA

国家資格
試験日程:随時(月~金)
出題形式:筆記 (実技試験は教習所で受験し、学科試験を都道府県免許センターで受験します。)
受験料:3,800円(申請手数料1,750円、交付手数料2,050円)
受験資格:18歳以上
難易度:★
勉強時間の目安:1~2ヵ月程度

社会人になったらまずはこれ!というくらい、不動の人気資格です。
運転できるだけでなく、身分証明書としても重宝します。 どんな業種で

も、社会人になって数年間は、送迎や買い出しなど、車を運転する場面は起こりえます。
そんな時、上司や先輩に送迎してもらうという事態は避けたいものです。
また、営業担当などは、時間指定で呼び出されることもあります。車が使えると、急な日程や場所変更にも柔軟に対応できます。
車が運転できると、少しの買い出しや、公共交通機関の本数が少ない場所への移動など、何かと便利なのです。

実技試験は仕事帰りの数時間や、長期休暇に教習所で講習を受ければ、仕事をしながらの取得も可能です。

まとめ

1 秘書検定
ビジネスマナー習得、好感度UP

2 MOS試験
ExcelやWordの基本操作、作業効率UP

3 FP技能士
給与・保険知識習得、無駄な保険の勧誘を見抜く

4 日商簿記
会計の基本。営業では会計面からアプローチ

5 普通自動車運転免許 行動範囲拡大、身分証明書としても使える

おすすめの記事