秘書検定の面接対策*トータルバランスで好印象!服装・髪型・メイクのポイント(女性編)

秘書検定の1級・準1級は、筆記試験と面接試験の2段階の試験構造になっています。
筆記試験に合格すると、面接試験を受けることとなります。 ちょうど、筆記試験が1次試験、面接試験が2次試験に相当します。

準1級以上は面接こそ本番と言われます!
面接試験に合格するには、正しい敬語や応対だけでなく、服装やメイクなどの身だしなみも審査対象となります。

この記事では、秘書検定1級・準1級の面接試験に合格するための服装・髪型・メイクのポイントをご紹介します。

面接試験の目的と審査される項目

面接試験では、秘書としての実技を審査されるだけでなく、服装や雰囲気(明るさ・さわやかさ・親近感)までもチェックされます。

面接試験の審査項目
  1. 姿勢・態度
    姿勢、立ち方、座り方、手の組み方おじぎ、しぐさなど
  2. 明るさ
    明るく、やわらかな表情、会釈など。親近感がもてるか。
  3. 話し方
    明るい話し方。声の張り、ボリューム、はきはきとして、言いよどみが無いかなど
  4. 言葉遣い
    敬語、言葉の選び方など
  5. 身なり
    ビジネスに適した服装、髪型などであるか

秘書検定・面接「身だしなみ」のポイント

トータルバランス

秘書検定の面接では「感じの良さ」が審査されます。
面接試験の服装・髪型は、トータルバランスを考え、ちぐはぐな印象にならないようにしましょう。

秘書検定の面接試験に合格する身だしなみは、少しのコツを抑えるだけでグッと良くなります。
メイクや服装に自信がなくても、次の項目を意識すれば大丈夫です!

トータルバランスを整えるには、自身のパーソナルカラー骨格を知ることが近道になります。
秘書検定のキーワード「エレガント」です。
似合う色、似合うパターンの服装で、エレガントな印象を作りましょう。

パーソナルカラー

なぜかモノクロコーデが似合わなかったり、パステルカラーが似合わなかったり・・・と流行の服が似合わない経験はありませんか?

パーソナルカラーは、肌や髪、瞳の色から、自分にピッタリの色相群を導きます。
ポイントメイク、髪、服装すべてをパーソナルカラーで統一すれば、それだけ上品に仕上がります

パーソナルカラーは、書籍やwebで簡単に調べることはできますが、自己判断では、誤りも生じます。

秘書検定の面接対策としては、面と向かって診断してくれるサービスを受けることをおすすめします(1万円くらい)。
日ごろ使っている化粧品を持参すると、合うもの、合わないものを教えてもらえるなど、 対面だからこそのサービスもあります!(重要)

骨格診断

骨格のバランスにより、似合う服の形を導きます。
タイトスカートが似合う方、フレアスカートが似合う方、それぞれの骨格に合ったが服装があるのです。

もし、持っているスーツがイケていないと感じるならぜひ、骨格診断を確認してみてください。

なお、骨格診断は、服だけでなく、靴、髪型、時計やバッグなどのアクセサリー類を選ぶ際のヒントにもなります。

服装

スーツ

秘書検定の面接での服装は、基本的にスーツです。
ボトムスは、歩き方が上品に見えるスカートがおすすめです。
パンツスーツは、大股になりがちで、エレガントな印象を作りにくいからです。

インナーはブラウスや、シフォン素材のトップスを合わせると良いでしょう。
骨格診断を参考にスーツ選びをすると良いですね。

身長や体型が既製品のスーツと合わない方は、体にフィットするスーツをオーダーするのも一手です。 最近は、ネットで注文できるオーダースーツもあります。
店頭だと、勧められるままに高い生地を選びがちですが、ネットなら金額を見ながら注文できるのでお財布にも安心です。

ワンポイント

アンダーには、着るだけで姿勢が良くなる、補正下着の着用もおすすめです。
ボディシェイパーやガードルは、長時間着用しても苦しくなりにくい、薄い素材のものも出てきています。

靴は、3~5cmヒールのシンプルなパンプスがベストです!
ローヒールは足さばきが雑になりがりですし、ハイヒールは姿勢を保つのに相当の筋肉が必要です。

色はシンプルな黒、ベージュなど、スーツとバランスを合わせて選びましょう。
シックな色の組み合わせなら、バイカラーのパンプスでも受かったという声があります。
ただ、ご自身で良し悪しを判断できない場合は、黒パンプスが間違いないです。

つま先の形や、ストラップの有無は骨格診断を参考にしてください。

バッグ

バッグについての規定はありませんが、試験を受けることを前提にするとA4の書類とペン類が入るものがベストです。
リクルートや、黒やベージュなどのシンプルな革バッグが良いでしょう。 足元に置いても形が崩れない、張りのある素材のものを準備しましょう。

アウトレットモールなどで、掘り出し物のバッグを見つけるチャンスがあるかも?

髪型

長い髪はすっきりとまとめます。ポニーテール、シニヨン、夜会絵巻。どの形でもOKです。
前髪が落ちてこないよう、横に流してピンでとめておくといいでしょう。

髪色はパーソナルカラーで選ぶと失敗がありません!

試験前日の夜は、お風呂あがり直後にターバンを巻くのをやめ、分け目を消すようにブローしておくと当日の前髪がラクです。
前髪が真ん中でパックリ割れてしまうと、直すのに手間取りますので、前日からの準備が重要ですね。

メイク

ベースメイク・ポイントメイク

アイメイクやチーク、リップはパーソナルカラーで選ぶとまとまりが良くなります。

白浮きしないよう、ベースメイクは首の色に近い、暗めの色を選びましょう。
デパートの化粧品カウンターでは、明るい色をすすめられがちですが、強い意志を持って暗めの色を選択しましょう!!

眉は顔の印象を決める重要なパーツです!!
左右対称にしましょう。
下がり眉はフォーマルではありません。並行眉や、アーチ形の眉を作りましょう。

ペンシルよりも、筆を使ったほうが、細部まで狙い通りの線が引けます。
眉を書くのが苦手な方は眉毛テンプレートを利用することをおすすめします。

オーラルケア

秘書検定の面接では、明るさや、話し方を審査されます。
やわらかい笑顔は好印象です。
もし、時間がある場合は、歯のホワイトニングや、歯列矯正など、柔らかい笑顔を出すためのケアをしておきましょう。

最低限、面接の当日は歯磨きをお忘れなく。

さいごに

秘書検定の前日の夜はきちんと髪を乾かし、バッチリ保水をしてお休みください。
当日のメイク乗りが良いと気分が違います!

服装は、正しく選ぶだけで、練習をしなくても、エレガントさが身に付きます。
秘書検定の面接対策として、まずは服装を選んでみてはいかがでしょうか。

自宅でできる、本格的ホワイトニング!

日本初LED電動歯ブラシと世界初新規成分、酸化タングステンを配合の相乗効果で、汚れを分解し、歯をより一層白く磨きあげます。

歯のホワイトニングだけでなく、歯のためにこだわり、ZEROクリスタルで歯を磨くことで歯茎も引きしめ・除菌・招集までしてくれます。

さらに、特許成分、ホスホリルオリゴ糖を配合。
水に溶けたカルシウムが歯にしっかり浸透し、初期むし歯を元の健康な状態に導きます。

おすすめの記事