国家公務員 総合職(大卒・教養区分以外)について。2019年試験の日程・倍率・初任給を紹介!

国家公務員 総合職(大卒・教養区分以外)2019年度採用試験について

国家公務員の「総合職」は、いわゆるキャリア官僚の採用枠です。
総合職(大卒・教養区分以外)採用者は、主に、霞が関にて、政策の企画・立案・調査・研究に関する事務に従事します。

受験資格

1989(平成元)年4月2日以降生まれの者で次に掲げるもの

  1. 1989(平成元)年4月2日~1998(平成10)年4月1日生まれの者
  2. 1998(平成10)年4月2日以降生まれの者で次に掲げるもの
    ①大学を卒業した者及び2020年3月までに大学を卒業する見込みの者
    ②人事院が①に掲げる者と同等の資格があると認める者

試験日・試験種目・合格発表日

1次試験

試験日2019.4.28(日)
申込期間2019.3.29(金)~4.8(月)
試験科目・基礎能力試験(多岐選択式)
・専門試験(多岐選択式)
合格発表日2019.5.10(金)

2次試験

試験日【筆記試験】2019.5.26(日)
【人物試験】2019.5.28(火)~6.14(金)
試験科目・専門試験(記述式)
・政策課題討議試験
・人物試験
合格発表日2019.6.25(火)
官庁訪問各府省等に採用されるために、官庁訪問を行い、各府省等の面接を受けます。

最終合格者は試験の区分ごとに作成する採用候補者名簿(3年間有効)に得点順に記載されます。各府省等は、採用候補者名簿に記載された者の中から、面接などを行って採用者を決定します。

申し込み方法

出願は、インターネットで受け付けています。

国家公務員総合職(大卒・教養区分以外)過去試験の倍率

前年、2018年度の試験の最終合格者の倍率は15.5倍でした。
申込者(17,428人)に対する採用予定者(385人)の倍率は45.3倍です。

比較対象として前々年度の数値を最下段に掲載しています。

区分申込者1次合格者最終合格者倍率
政治・国際1,3651226321.7
法律10,0651,00247121.4
経済2,04542619410.5
人間科学409703810.8
工学1,7823651929.3
数理科学・物理・地球科学256432112.2
化学・生物・薬学538583216.8
農業科学・水産482165885.5
農業農村工学21757346.4
森林・自然環境269452510.8
17,4282,3541,15815.1
2017年度18,1212,5431,25414.5

国家公務員総合職の勤務時間・初任給(例)

勤務時間

勤務時間は原則1日7時間45分(土・日・祝日休み)。
※残業が非常に多いと言われています。

年次休暇は年20日(4月1日採用の場合、採用の年は15日)残日数は20日を限度として翌年に繰越)のほか、病気休暇、特別休暇(夏季・結婚・出産・忌引・ボランティア等)及び介護特別休暇あり。
また、ワークライフバランス支援制度として育児休業制度等あり。

初任給(例)

行政職員
行政(一)2-1の場合
222,240円
研究職員
研究2-5の場合
244,680円
警察官等
公安(一)3-5の場合
255,240円
少年鑑別所の技官
公安(二)2-1の場合
255,240円

※東京都特別区内に勤務する場合における2019年4月1日の給与の例。

諸手当
  • 扶養手当(子を扶養する場合、月額10,000円等)
  • 住居手当(借家に住む場合最高27,000円)
  • 通勤手当(交通機関を利用して通勤する場合の定期券相当額・1か月55,000円以内)
  • 本省業務調整手当(本府庁の業務に従事する者に、行政(一)2級の場合月額8,800円)
  • 期末手当・勤勉手当(ボーナス)(一年間に俸給等の4.45月分

公務員講座を探す!

クレアール【通信】

資格★合格クレアール

クレアールは、イチオシの公務員講座です!
コースが充実していること、費用が安いことから、使いやすい通信講座です。

「2021年合格目標 1年合格 国家一般職(大卒程度)コース」250,000円(割引キャンペーン有)

  • マルチデバイス対応(PC・スマホOK)
  • 充実したコース設定
  • 担任が個別にサポート(模擬試験・添削・相談OK)
  • 圧倒的な低価格!
  • 早期割引キャンペーンあり。

▼ぜひホームページをチェックしてください。

資格の大原 専門課程
LECオンライン(東京リーガルマインド)
おすすめの記事