入国警備官(高卒・社会人)の合格発表2019!倍率・辞退者。採用通知を期待していい?

入国警備官の2019年度試験の結果分析ページです。

  • 入国警備官(社会人採用)の試験情報(2019年度)はこちら
  • 入国警備官(高卒)の試験情報(2019年度)はこちら

入国警備官の倍率

入国警備官は、毎年50名程度の募集しかしておらず、皇宮護衛官と並ぶ狭き門です。常に高い倍率を維持しています。

2019年度の入国警備官採用試験の結果は次の表のとおりです。
入国警備官の全体の倍率16.4倍は、皇宮護衛官(35.4倍)に次ぐ高い数値になっています。

高卒程度試験(~23歳)と、社会人枠(~40歳)とでは、採用予定者数が異なるため、倍率に大きな差があります。入国警備官を目指すなら、高校生のうちに進路を決めておきたいですね。

区分申込者最終合格者倍率
入国警備官1,91812914.9
入国警備官(社会人)333841.6
2,25113716.4

入国警備官の倍率の推移

入国警備官の最終合格倍率(最終合格者/申込者)は、年々低下しています。

特に、社会人採用は、2016年は100倍を超えていましたが、2019年度では半分以下の41.5倍まで低下しています。
といっても、100人に1人から、40人に1人の合格率なので、依然厳しいままですが、宝塚市の400倍よりは現実的な数値と言えるでしょう。

採用予定人数についても、2017年度までは、社会人採用は「若干名」という募集でしたが、2018年度以降は「5名」と明示されるようになり、きちんと採用されていることが分かるようになりました。

「若干名」という募集は、本当に採用されるのか不明なので、受験するのが怖くなりますよね…。

入国警備官の最終合格倍率の推移の図は次のとおりです。

入国警備官 最終合格倍率の推移

入国警備官の申込者数と採用者数の推移

入国警備官の申込者数と採用予定者数の推移は次のとおりです。
棒グラフが申込者数、折れ線グラフは採用予定者数です。
図で見ると、申込者に対して採用予定者がかなり少ないことがわかります。

入国警備官 申込者・採用予定者数の推移

高卒者枠の申込者数が増加し、社会人枠の申込者数は減少しています。

入国警備官を目指すなら、超大手大原法律専門学校がおすすめです!

↑資料請求↑

最終合格者と採用辞退者

過去の採用辞退者の人数

入国警備官をはじめ、公務員試験は、複数の試験を同時に出願することが多いため、最終合格者に残った人の何割かは、第一志望に合格すると、第二志望以下の省庁の採用を辞退してしまいます。

入国警備官の採用辞退者数の過去数値は次のとおりです。
入国警備官は、最終合格者の約半分が採用を辞退しています。社会人枠は、最終合格者が1桁台(5~8人)のため、辞退者のほとんどは高卒者枠と推測されます。

年度最終合格者辞退者採用者
20161266759
2017793247

最終合格者と採用予定の人数

公務員試験は、採用辞退者が出ることを考慮し、採用予定者数よりも多くの最終合格者を確保しています。
2019年度の入国警備官の最終合格者と採用予定者は次のとおりです。

試験区分最終合格者採用予定者
入国警備官12975
入国警備官(社会人)85
13780

社会人枠で最終合格者に残っている方は、ほぼ採用される見通しですね。

採用予定者と実際の採用人数

実際の採用者(確定数)が採用予定者(募集時点の予定数)を上回った年もあります。
過去の採用予定人数と、実際の採用人数は次の表のとおりです。

年度採用予定採用(確定)
20173547
20164059

実際の採用者は、予定人数の1.3~1.4倍となっています。採用辞退しなかった人は、ほとんど採用されているとみていいでしょう。

本当に入国警備官になりたいと希望する人は、採用される見込みが大いにあります。
採用通知を楽しみに待っていましょう!

入国警備官を目指すなら、超大手大原法律専門学校がおすすめです!

↑資料請求↑

公務員講座を探す!

クレアール【通信】

資格★合格クレアール

「2020年合格目標 速修地方初級・国家高卒併願コース」95,000円(割引キャンペーン有)

クレアールは、イチオシの公務員講座です!
コースが充実していること、費用が安いことから、使いやすい通信講座です。

  • マルチデバイス対応(PC・スマホOK)
  • 担任が個別にサポート(模擬試験・添削・相談OK)
  • 圧倒的な低価格!
  • 早期申し込み割引あり!

▼ぜひホームページをチェックしてください。

  • 入国警備官(社会人採用)の試験情報(2019年度)はこちら
  • 入国警備官(高卒)の試験情報(2019年度)はこちら
おすすめの記事