航空保安大学校の合格発表2019!倍率急落&辞退者増の今が穴場か!?

航空保安大学校について

まずは、航空保安大学校について説明します。
航空保安大学校は、高卒者を対象に「航空情報科」と「航空電子科」の学生を募集しています。
試験を突破すると、2年間研修し、航空管制運航情報官又は航空管制技術官として全国の空港等に配属されます。

高卒からでも空港で働くことができることが何よりの魅力です!

しかも、航空保安大学校は関西国際空港(大阪府泉佐野市)に隣接されており、毎日飛行機が眺められる、良い感じの学校です。

航空情報科

「航空管制運航情報官」になるための課程です。

航空管制運航情報官は、航空機が安全運航の判断をするための情報(気象・周辺の航空交通状況等)を航空管制官に伝達する業務や、 滑走路の異物除去、パイロットから提出される飛行計画の審査、飛行機の停車場所の調整などを行っています。

経験を積むと、航空管制通信官として国際対空通信局(成田空港)に配属されることがあります。

航空電子科

「航空管制技術官」になるための課程です。

航空管制技術官は、飛行機の安全飛行のため、航空保安無線施設や無線通信施設、レーダー施設の企画・維持管理を行っています。

航空保安大学校学生の採用管区

航空保安大学校学生は、管区ごとの試験ではなく、全国から学生を募集しており、採用されると全国規模の転勤があります。

航空保安大学校の倍率など

航空保安大学校学生の採用人数の推移

航空保安大学校学生の採用人数は、2019年試験は約55人と発表されています。
航空保安大学校学生の採用予定者数はここ数年、毎年55人前後で、ほとんど減少していません。

人事院の報道発表による、学科別の採用予定人数は次表のとおりです。毎年、航空電子科が、少し多めに採用されています

〇採用予定人数(単位:人)

試験区分2017年度2018年度2019年度
航空情報科222425
航空電子科363030
525455

※2019年度試験は採用予定人数が発表されていないため、募集人数を掲載しています。

航空保安大学校学生の最終合格者倍率の推移

航空保安大学校学生の申込者に対する最終合格者の倍率は3.8倍でした。
学科別の各年の倍率は次のとおりです。

採用予定数が多いためか、試験科目に物理があるため敬遠されるのか、毎年、航空電子科のほうが倍率は低い傾向にあります(航空電子科は、グラフでは薄ピンクで表示しています。)。
2019年度の航空電子科は倍率2.7倍と特に低く、なんと、約3人に1人は合格している計算となりました!

空港での仕事って、カッコいいし、人気なイメージがありますが、航空保安大学校学生は、倍率だけ見ると意外とイケそうだな・・・なんて思えてしまいますね。

航空保安大学校最終合格者倍率

〇学科別試験倍率(単位:倍)

試験区分2016年度2017年度2018年度2019年度
航空情報科9.19.910.85.1
航空電子科3.64.63.52.7
5.66.56.33.8

航空保安大学校学生の申込者数の推移

2019年度の航空保安大学校学生の申込者は航空情報科、航空電子科を合わせて503人でした。
これは、前年度の申込者数(663人)から25%減少した数値です。

採用人数に変化がないにもかかわらず、申込者が減少したことが、合格者の倍率が下がる原因となりました。
航空電子科のほうが、採用人数が多いのですが、申込者は少ないです。

航空保安大学校 辞退者と最終合格者

航空保安大学校は、最終合格者に残っているにもかかわらず、採用を拒否(辞退)している人がいます
採用を担当する国土交通省では、申込者の中に、大学受験の練習として受験する人が少なからず混ざっていると分析しています。
このため、採用予定者よりも最終合格者が多めに確保されています。

航空保安大学校の採用辞退者の人数が具体的に発表されているのは2016年度試験と、2017年度試験の2回のみです。
2016年は最終合格者111人のうち、36人が辞退しています。割合では32.4%の人が辞退していることになります。
また、2017年は辞退者の割合がさらに増え、46.1%の人が採用を辞退しています。
国土交通省の読み通り、お試し受験をする人が年々増加していることが予想されます。

〇最終合格者と辞退者(単位:人)

試験年度最終合格者辞退者辞退割合辞退以外採用予定数
2017年度1024746.1%5552
2016年度1113632.4%7561

辞退者が出るごとに合格が繰り上がるため、2019年度試験で、まだ内定通知が来ていない人も、あきらめないでくださいね!!

結局、航空保安大学校は穴場なのか?

今後、航空保安大学校を志望する方にとっては、この試験が受かりやすいかどうかが気になるところだと思います。

結論としては、「難しい」です。

航空保安大学校学生の試験は、範囲が広く、合格者のレベルも高いです。少なくとも、大学受験と同程度の準備は必要です。
倍率が低いからと言って、軽く考えることができません。

それでも、空港で働きたい、高卒から働きたいという意思のある方は、勉強する価値があります。

試験データ
  • 基礎能力試験(40点満点):平均22.318点
  • 学科試験(26点満点)
    航空情報科:平均14.915点
    航空電子科:平均16.965点

得点配分は、基礎能力試験:学科試験:面接試験=1:2:1です。
学科試験は、評価の半分を占めるため、数学や英語又は物理の試験対策をしておかなければなりません。

個人的には、倍率的に旬なので、親戚に適齢期の人がいるなら、おすすめしたいくらいの穴場試験です。

航空運行情報官になるには、有資格者募集もあります。無線の資格がある方はぜひチェックしてください!

公務員になるには?公務員講座を探す!

資格の大原【通校】

資格の大原は、「通校」型のスクールです。
全国に教室があり、公務員になると大原卒業生と何人も出会うほどメジャーな専門学校です。

資格の大原 専門課程

「国家公務員・地方初級(2・1年)」35万円/年 +入学金20万円+教材費等10万円/年(各地域で変動あり)

志望先はもちろん、複数の合格先確保を実現!確実に合格を目指す方におすすめのコースです。大原なら、民間企業へ進路変更することも柔軟に対応してくれます。1年で志望先に合格する人も多数います。
昔から実績のある大手専門学校で、昼間に通うのがスタンダードです。

  • 全国に教室を展開。
  • 過去から大手として合格者を指導してきた実績がある。
  • 教室に通うから途中で挫折することを回避できる!

クレアール【通信】

クレアールは、「web通信」型のスクールです。
スマホやPCで受講できるため、時間や場所を選びません!仕事や勉強に忙しい方でも効率的に勉強できます。

資格★合格クレアール

「2020年合格目標 1年合格地方初級・国家高卒併願コース」110,000円(3月割引価格!)

このコースは、教養・作文・適性・面接対策をカバーしており、地方公務員(初級)と国家公務員(高卒程度)の同時受験を目指せる充実のカリキュラムです。
通信のみで展開しているため、面接対策や個別指導まで付いて10万円台前半!圧倒的な安さも魅力ですね。

  • マルチデバイス対応(PC・スマホOK)
  • 担任が個別にサポート(模擬試験・添削・相談OK)
  • 圧倒的な低価格!(早期割引あり!)
  • 早期申し込み割引あり!

LEC【通信+教室】

LECは、「通信」+「教室」型のスクールです。
自宅学習がメインですが、各教室でPCや自習室も利用できます。自宅では、ついダラダラしてペースを崩しやすい人でも継続しやすいです。
動画や音声データはスマホやウォークマンで再生できるため、教室や各種デバイスを利用して自分にぴったりのスタイルで勉強できます。

LECオンライン(東京リーガルマインド)

「2020年合格目標 高卒程度公務員合格コース」148,000円

このコースは、中学・高校の復習から作文指導、面接・直前対策までカバーされています。
LECは、面接対策や模擬試験は本番をイメージした会場で受験するこができ、通信と教室の良いとこ取りができることが特長です。
このボリュームとサポートで10万円台前半という価格は、めちゃくちゃお得です!

  • 動画・音声データ・教室を使い分けられる
  • 模擬試験・面接対策は本番の雰囲気を再現!
  • 面接対策の試験官は元公務員!

おすすめの記事