航空保安大学校の辞退者が増えるタイミング。合格圏内の順位考察

航空保安大学校の辞退者が増えるタイミング

航空保安大学校学生の採用試験は、国公立・私立の合格発表がある2月中旬から、3月上旬に辞退者が増えます。
航空保安大学校の受験者の中には、大学受験の「練習」や「滑り止め」として、いわゆる「お試し受験」をしている人が少なからずいるのです。
「お試し受験」の人は、本命の国立大学に受かると、航空保安大学校の内定を辞退していきます。

最終合格者のなかで、まだ採用の連絡が来ていない人も、まだあきらめないで大丈夫です!
毎年、国公立大学(前期)の合格発表のある3月10日頃に辞退者が多数現れます。
年度によっては、3月20日頃の後期試験の合格発表の後に、採用の連絡があった人もいるようです。

〇2020年の大学入試スケジュール

日程イベント
12.17航空保安大学 最終合格者発表
1.18~19センター試験
2月中旬私立大学 合格発表(前期)
3.6~10国公立大学 合格発表(前期)
~3.15国公立大学 入学手続(前期)
3月中旬私立大学 合格発表(後期)
3.20~24国公立大学 合格発表(後期)
~3.27国公立大学 入学手続(後期)
3.28~国公立大学 追加合格者の発表
~3.31国公立大学 入学手続(追加合格者 )

航空保安大学校で「仮面浪人」!?

航空保安大学校の試験は「就職試験」であり、大学入試とは性質が異なります。
それなのになぜ、航空保安大学校と大学を同時に受験するのでしょうか?

じつは、航空保安大学校で浪人生活を送ろうという考えの人がいるのです。
1年間浪人する場合でも、航空保安大学校に入っていれば、給料をもらいながら過ごすことができます。このため、普通に浪人するよりもコスト面で良いと考えている人もいるようです。

しかし、航空保安大学校に通いながら、来年の大学入試試験の準備をする、いわゆる「仮面浪人」生活を航空保安大学校で過ごすことは相当難しいものです。
航空保安大学校は、日々「職務」として勉強する場所ですので、通常の大学1年生よりも自由時間がはるかに少ないからです。

もし、仮面浪人をするために、航空保段大学校に入学しようと考えている場合は、できれば思いとどまったほうが良いでしょう。給料をもらいながら浪人生活という夢のような1年を過ごすことは相当難しいでしょうから…。

航空保安大学校に採用される合格順位のめやす

採用内定者の中にいる、大学進学が本命の「お試し受験」の人たちが、志望する大学に合格すれば、辞退者となります。
辞退者が出ると、次の順位の合格者へ、採用者されるか・辞退するかの意向確認の電話がかかってきます。

合格の順位は「席次」といい、2次試験の合格通知書と同時期に発送される書類で分かります(合格通知書に同封or別送)。

では、上から何位までの人が採用圏内なのでしょうか?
過去の報道発表のデータでは、 ①最終合格者≒ ②採用者+③辞退者となっています。
最終合格者のうち、ほとんどの人には採用の意向確認の連絡が来ているようです。

試験年度①最終合格者 ②+③②採用者③辞退者
2017年度102995247
2016年度111976136

2017年のデータでは、最終合格者102人の内、採用予定は52人しかありませんでしたが、辞退者が47人いました。
つまり、採用者と辞退者の合計99人には採用の意向確認の電話が来たという事になります。

なんだかんだ言って、最終合格者に残った人はほとんどが、採用の意向確認までこぎつけているようですね。

なお、この数字は航空情報科と航空電子科を合わせた人数です。
学科ごとの内訳は推測するしかありませんが、各所でのクチコミでは、航空情報科は40番台、航空電子科50番台までの人は合格したという情報があります。
航空電子科のほうが、航空情報科よりも採用人数が多いため、下位の人までチャンスが回ってくるようです。

それ以降の席次、つまり、最下位に近い人は・・・祈るしかないですね(人-ω-)゚*。☆

結論

私立・国公立大学の前期合格発表の時期が辞退者のピークです。また、国公立後期の合格発表以降にも辞退者がでるチャンスがあります!
最終合格者に残れば、採用に大手がかかっているようなものです!3月下旬まであきらめずに待ちましょう!

なお、無線の資格がある方は、航空運行情報官の資格保有者募集(2020年6月採用)にも応募ができます!ぜひご確認ください。

公務員になるには?公務員講座を探す!

資格の大原【通校】

資格の大原は、「通校」型のスクールです。
全国に教室があり、公務員になると大原卒業生と何人も出会うほどメジャーな専門学校です。

資格の大原 専門課程

「国家公務員・地方初級(2・1年)」35万円/年 +入学金20万円+教材費等10万円/年(各地域で変動あり)

志望先はもちろん、複数の合格先確保を実現!確実に合格を目指す方におすすめのコースです。大原なら、民間企業へ進路変更することも柔軟に対応してくれます。1年で志望先に合格する人も多数います。
昔から実績のある大手専門学校で、昼間に通うのがスタンダードです。

  • 全国に教室を展開。
  • 過去から大手として合格者を指導してきた実績がある。
  • 教室に通うから途中で挫折することを回避できる!

クレアール【通信】

クレアールは、「web通信」型のスクールです。
スマホやPCで受講できるため、時間や場所を選びません!仕事や勉強に忙しい方でも効率的に勉強できます。

資格★合格クレアール

「2020年合格目標 1年合格地方初級・国家高卒併願コース」110,000円(3月割引価格!)

このコースは、教養・作文・適性・面接対策をカバーしており、地方公務員(初級)と国家公務員(高卒程度)の同時受験を目指せる充実のカリキュラムです。
通信のみで展開しているため、面接対策や個別指導まで付いて10万円台前半!圧倒的な安さも魅力ですね。

  • マルチデバイス対応(PC・スマホOK)
  • 担任が個別にサポート(模擬試験・添削・相談OK)
  • 圧倒的な低価格!(早期割引あり!)
  • 早期申し込み割引あり!

LEC【通信+教室】

LECは、「通信」+「教室」型のスクールです。
自宅学習がメインですが、各教室でPCや自習室も利用できます。自宅では、ついダラダラしてペースを崩しやすい人でも継続しやすいです。
動画や音声データはスマホやウォークマンで再生できるため、教室や各種デバイスを利用して自分にぴったりのスタイルで勉強できます。

LECオンライン(東京リーガルマインド)

「2020年合格目標 高卒程度公務員合格コース」148,000円

このコースは、中学・高校の復習から作文指導、面接・直前対策までカバーされています。
LECは、面接対策や模擬試験は本番をイメージした会場で受験するこができ、通信と教室の良いとこ取りができることが特長です。
このボリュームとサポートで10万円台前半という価格は、めちゃくちゃお得です!

  • 動画・音声データ・教室を使い分けられる
  • 模擬試験・面接対策は本番の雰囲気を再現!
  • 面接対策の試験官は元公務員!

おすすめの記事