国家公務員 労働基準監督官(大卒程度)試験について。2019年度の日程・倍率・初任給を解説!

国家公務員 労働基準監督官の2019年度採用試験について

受験資格

  1. 1989(平成元)年4月2日~1998(平成10)年4月1日生まれの者
  2. 1998(平成10)年4月2日以降生まれの者で次に掲げるもの
    ①大学を卒業した者及び2020年3月までに大学を卒業する見込みの者
    ②人事院が(1)に掲げる者と同等の資格があると認める者

試験区分・募集人数

試験区分募集人数
労働基準監督A(法文系)約200人
労働基準監督B(理工系)約60人

試験日・試験種目・合格発表日

1次試験

試験日2019.6.9(日)
申込期間2019.3.29(金)~4.10(水)
試験科目・基礎能力試験(多岐選択式)
・専門試験(多岐選択式)
・専門試験(記述式)
合格発表日2019.7.2(火)

2次試験

試験日2019.7.16(火)~7.18(木)
試験科目・人物試験(面接、性格検査)
・身体検査
合格発表日2019.8.20(火)

最終合格者は試験の区分ごとに作成する採用候補者名簿(3年間有効)に得点順に記載されます。この名簿の中から都道府県労働局において実施する採用面接により採用者を決定し、採用者は原則として採用された都道府県労働局管内の労働基準監督署に配属されます。

申し込み方法

出願は、インターネットで受け付けています。

労働基準監督官の過去試験の倍率

前年・2018年度の労働基準監督官採用試験の倍率は6.6倍でした。
なお、申込者(4,045人)に対する採用予定数(280人)の倍率は13.5倍です。

比較対象として前々年度の数値を最下段に掲載しています。

試験区分申込者1次合格者最終合格者倍率
A3,1561,0433968.0
B8895452164.1
4,0451,5886126.6
2017年度3,7111,3994787.8

労働基準監督官の仕事内容・勤務時間・初任給(例)

勤務時間

勤務時間は原則1日7時間45分(土・日・祝日休み)。

年次休暇は年20日((4月1日採用の場合、採用の年は15日)残日数は20日を限度として翌年に繰越)のほか、病気休暇、特別休暇(夏季・結婚・出産・忌引・ボランティア等)及び介護特別休暇あり。
また、ワークライフバランス支援制度として育児休業制度等あり。

初任給(例)

218,880円 ※行政職俸給表(一)1級26号俸適用
※東京都特別区内に勤務する場合における2019年4月1日の給与の例。地域手当の支給されない地域で勤務する場合の初任給は182,400円

諸手当
  • 扶養手当(子を扶養する場合、月額10,000円等)
  • 住居手当(借家に住む場合最高27,000円)
  • 通勤手当(交通機関を利用して通勤する場合の定期券相当額・1か月55,000円以内)
  • 本省業務調整手当(本府庁の業務に従事する者に、行政(一)1級の場合月額7,200円)
  • 期末手当・勤勉手当(ボーナス)(一年間に俸給等の4.45月分)

公務員講座を探す!

クレアール【通信】

資格★合格クレアール

クレアールは、イチオシの公務員講座です!
コースが充実していること、費用が安いことから、使いやすい通信講座です。

「2021年合格目標 1年合格 国家一般職(大卒程度)コース」250,000円(割引キャンペーン有)

  • マルチデバイス対応(PC・スマホOK)
  • 充実したコース設定
  • 担任が個別にサポート(模擬試験・添削・相談OK)
  • 圧倒的な低価格!
  • 早期割引キャンペーンあり。

▼ぜひホームページをチェックしてください。

資格の大原 専門課程
LECオンライン(東京リーガルマインド)
おすすめの記事